留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--留学体験談

57歳女性。初夏の5月にゴールウェイのブリッジミルズに2週間の短期留学でホームステイ滞在。

アイルランド留学経験者の感想
2015年5月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 57歳 女性 主婦

2.学校名及び期間

 Bridge Mills Galway Language Centre
 2015 5,18〜2週間

3.予算(お小遣いを含む)

 ・飛行機代 99000円(エミレーツ航空)
 ・学校、ホストファミリー 185000円 1週目午前午後グループレッスン2週目午前グループ午後個人レッスン3日(1ユーロ約130円)
 ・保険 約10000円(17日間)
 ・週末観光 アラン諸島、コネマラ地方(昼食含む) 25000円
 ・その他 ダブリン〜ゴールウェイ交通費、昼食、お土産、パブなど 約60000円
  合計 約38万円  ※週末観光やその他、は1ユーロ約137円
  ※学校前後にダブリンで1泊観光、ドバイで1泊観光しましたが、それは上記にいれてません。

4.留学の目的、及びなぜアイルランドを選んだか?

 短期なので大きな進歩は望めないが会話力向上と、たくさんの人と交流すること。
 以前マルタに行ったので、イギリスよりは日本人が少ないかな、と思い、次はアイルランド、とずっと前から決めていた。

5.最終的にその学校を選んだ理由

 まず都市選びで二転三転して結局ゴールウェイに決め、その中でなるべく規模が大きくなく、2週間の受け入れがある学校、ということで決定。立地も便利でした。

6.学校及びステイ先とアイルランドでの生活のついての感想

 ・学校は自然も豊かないい場所で、パブやお店がたくさんある通りも1分ぐらい、駅も近い、5分も歩けば海が見える河口にも行けます。中規模ですが、アットホームでオフィスのスタッフも素晴らしい笑顔で親切に接してくれ、先生も5人ぐらいに教わりましたが、皆、ウィットに富んだ楽しい、わかりやすい、質の高いレッスンでした。2週目の午後は個人レッスンでしたが、会話の中で気になった言い回しや間違ってた箇所を、先生がノートにメモっていてくれて、授業の最後に説明してもらいました。フリートーキングや簡単な質問から会話を広げたり、ずっと楽しくおしゃべりしている気分のまましっかり会話のレッスンになっていました。実はマルタ、フィリピンに続いての3度目の短期留学ですが、先生や授業の質はアイルランドが一番よかったです。
 過去の体験談やニチアイの学校紹介には、アクティビティがあまりない、とありましたが、毎週木曜のパブナイトを始めとして、月曜に「今週のスケジュール」が渡され、映画鑑賞、ボーリング、カラオケ、週末の日帰りアラン諸島やコネマラ観光、など色々用意されていました。クラス外の友だちを作るにはいいチャンスだと思います。

  ・ステイ先のファミリーは、人によってはバス通学や徒歩30分という人もいましたが、私の場合ラッキーなことに、徒歩7分ぐらいのおうちでした。30代ぐらいの夫婦二人の家で、仕事も忙しく適当に気にしてくれほっといてくれる距離感が心地よかったです。日本との気温差は一応覚悟はしていたのですが、初日慣れないせいかあまりに寒くこれが毎日では眠れないと思い、マザーに相談したら、一晩中は使わないでね、とオイルヒーターを出してくれて、慣れるまでの数日間少し部屋を暖めることができ、安心できました。
 またファミリー宅は、2〜3分でパブやお店も色々あり便利ですが、反対側に15秒も歩けばカモや白鳥の親子がいるのどかなコリブ川岸を散歩でき、学校までも花が咲きカモが遊ぶ川沿いの公園のような道で、本当にいい場所で幸せでした。

  ・アイルランドで驚いたのは、気温ももちろんですが、一番は日没の遅さです。5月後半、夜の8時9時は真昼の明るさです。気温も夕方から暖かくなってきます。なので、夕食後、散歩したりパブに行くのも、明るくて安心です。10時ごろから夕方らしくなってきて、11時にやっと夜になる、という感じで、慣れるまで変な感じでした。

7.週末の過ごし方

 土曜の昼にダブリンに着き、ファミリー宅に到着する前にダブリンで1泊して、市内観光が出来るバスに乗ったり、街を散歩したりしました。ダブリンからゴールウェィまで列車を選んだのですが、車窓からの牧歌的な景色が本当に素敵でした。
 ゴールウェィ入りしてから最初の週末、土曜はアラン諸島のイニシュモア島へ行きました。日本からあらかじめ予約していましたが、数日前ならキャンセルして学校のツアーに参加も可能で迷いましたが、学校のはイニシア島で、どうしてもイニシュモアに行きたかったので結局ひとりでこちらに参加しました。日曜に行ったコネマラ地方のツアーも個人で予約したもので、友達とワイワイは出来ませんでしたが、ほんとにリラックス出来た週末になりました。

8.留学中困った事、及び良かった事

 前にも書きましたが、まず最初は寒さに慣れなくて、暖房がない部屋で震えていました。ヒーターを出してもらって解決しました。
 もうひとつ、初日のクラス分けのテストで、(日本人は文法が得意なので)ほぼ満点の成績だったため、中級の中では一番上のクラスに入ってしまいました。授業の内容は(文法や単語、熟語など)そんなに難しくなく、またそれを間違えたり理解できないクラスメートもいたのですが、リスニングはみんな物凄く優秀で、超高速、膨大な分量のCDの聴き取りも一回で内容をほぼ聴き取ってしまい、そこでかなりつまずき自信もなくしてしまいました。悩んだ末、これが2〜3か月でも滞在できるならこのクラスで頑張ってみるけど、2週間ではこのレッスンが毎日なら真っ白になって固まってる時間が勿体ないので、思い切ってクラス替えを申し出ることに決めました。2日目の午前中のことでした。先生は大丈夫、このクラスでやっていける、と言ってくれましたが、今の状態を正直に説明してわかってもらい、午後のレッスンから一つ下のクラスに入れてもらいました。 結果、文法や内容は簡単になってしまいましたが、リラックスして取り組め、CDの聴き取りはちょうど自分のレベルに合ったものになり、最後までそのクラスで充実した学校生活になりました。
 良かったこと。クラス替えを2日目の昼休みに決めたので、午前のクラスの誰にも言わずに替わってしまったことを、初日から何かと話しかけてくれて一番優しくしてくれたクラスメートにfacebookのMessangeでその晩伝えて謝りました。引き留めてくれたので、私が自分の気持ちを説明し、もう決めたことも話したら、「じゃあ、明日の午前の休み時間にオフィスの前で待ち合わして話しよう」と言ってくれ、翌日それでいいんだね、って確認してくれました。まだ数日の付き合いなのに、こんなに心配してくれてることに感謝し、私も翌週新しいクラスメートにはこちらからどんどん話しかけてあげるようにしました。
 彼女にかかわらずみんなフレンドリーで、話をする友達はたくさん出来たし、放課後お茶代わりにギネス飲みに寄ったり、最後の日に小さなプレゼントをもらったり、短期ですが何人かの友達とは今でも写真を見たらウルウルくるぐらい心の交流が出来ました。Facebookで今でも多くの友だちと繋がっていますし、帰国後のみんなの様子も見ています。

9.その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 8に書いたように、困ったことがあれば、ダメもとで何でも学校やファミリーに相談したほうがいいです。
 物怖じはまったくせず、授業中でも何でもその場で質問できるほうなので、日ごろから疑問に思ってることや知らない単語など、どんどん質問していると、皆も同じことがわからないでいたようで、うんうんそれ、とうなずいて聴いていました。授業を中断させてしまう、とか遠慮しないで、みんなを代表して訊いてあげる、ぐらいの気持ちでどんどん質問したり、話題を広げたりしたら、授業もより内容の濃いものになっていくと思います。
 季節にもよると思いますが、傘と防寒具は必需です。
 5月の後半で朝は10℃をきっていました。みんな冬のジャケットやコートにマフラーやストールで歩いていました。夕方になると晴れていたら春らしい気温になりますが、雨はザァーーー!と激しいのから霧雨まで、ほんとに一日に何度もよく降りました。晴雨両用の軽いもので十分なのでカバンに入れておくと安心です。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 マルタに続いて2回目のニチアイさんなので、基本的な信頼は最初からあり、安心して相談やお願いができました。最初自分でコークに決めてての相談から入り、アドバイスでダブリンのブレイに替え、あげくにやっぱり色々考えてゴールウェィに決める、という大変わがままな過程でも、まだ日にちがたっぷりあるので申し込みをするまではいくらでも変更していいですよ、と言ってくださいました。悔いのないようにしたいとあれこれ迷って、本当に申し訳なく思ってたので、この言葉はありがたかったです。近づいてからの質問などのお返事は迅速で、準備にとても助かりました。また、何年かしたらお世話になりたいと思います。


「アイルランド留学経験者の感想」フロントページへ戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ  Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2016 Nichiai Ltd