留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--留学体験談

19歳男性・大学生。夏休みを利用してダブリンのUCD大学ランゲージセンターのサマーコースに4週間。

アイルランド留学経験者の感想
2004年8月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 19歳 男 私立大学2年

2.学校名及び期間

  University College Dublin Applied Language Centre ジェネラルサマーコース4週間

3.予算(お小遣いを含む)

  学校への支払い EUR1,633
   (授業料4週 EUR869.00、滞在費4週 EUR664、登録費 EUR100)
  航空券 Air China(CA) 成田-北京-LON = ¥127,380
      BritishMidland(BD) LON-DUB = ¥18,000
  所持金 約¥50,000

4.留学の目的、及びなぜアイルランドを選んだか?

 ヨーロッパの英語常用国としてイギリスよりも費用が抑えられ、しかもダブリンはロンドンよりも物価も安い。また以前からアイルランドの歴史、文化、民俗 に興味があったため。

5.最終的にその学校を選んだ理由

 大学付属の安心感とコストパフォーマンス。

6.学校及びステイ先とアイルランドでの生活のついての感想

 大きな大学なので施設も充実し、各国からの学生も多かった。学生アパートメント(1フラット4名)を申し込むことも可能で、アパートメントの環境は悪くない。ホームステイ先はとても良い家庭に滞在させてもらえて運が良かった。食事は多くの日本人にとって問題ないと思うが、ジャガイモをかなりの量食べるので飽きることもある。ダブリンはバスが主要な移動手段で、料金は東京と同じか少し高め。2004年から新たに路面電車が敷設されたが、料金はかなり高い。ダブリン近郊へは電車も運行している。市街中心部ははそれほど大きくはなく、一日あればおおまかには歩いてまわれる。観光名所も幾つかあるが大きな スポットは数える程。しかしパブやナイトクラブは充実していると言えるし、最終バス(11:30)の後も夜間バス(EUR4.00が必要)が30分間隔くらいで市街中心からのみ出ている。

7.週末の過ごし方

 週末は友達と長距離バス、又は車を借りて他の街に行く人が多かった。学校(UCD)側でも週末の日帰り旅行の計画を組んでくれる(参加申し込みに EUR24.00必要)。後はショッピングをしたり、パブへ行ったり、友達のアパートメントでパーティーを開いたり、特に退屈することはなかった。

8.留学中困った事、及び良かった事

 留学中困ったことは思いのほか物価が高かったこと。ロンドン程ではないが、場合と品物によっては東京と同じ位の見積もりが必要。また天気、気候は不安定で、サングラス、雨具、長袖の上着は常時必須。

9.その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 アイルランドの英語は訛りが強いとよく言われるが、ダブリン(特に若い世代)ではあまりその心配はないように思えた。街の治安も悪くはないが、大通りを外れると少々危険。特に夕方から夜間は酔っ払いが多いので。パブでは食べ物は販売していないので食事は別に済ませる必要がある。アルコールは安いとは言えないので注意。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 インターネット上の手続きだけで話が進んで行ったので当初は不安だったが、結局一番安価に計画を立てることが出来たと思う。ただ一つだけ不満を言えば、ホストファミリーの情報を事前にもう少し公開してほしかった(日本からメールなり手紙なりでコンタクトを取るため)。


「アイルランド留学経験者の感想」フロントページへ戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2014 Nichiai Ltd