留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--留学体験談

21歳男性。夏休みにリムリック大学のサマーコースに2週間の短期留学。

アイルランド留学経験者の感想
2002年9月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 21歳  男  学生

2.学校名及び期間

 University of Limerick language centre に2週間+1週間スコットランドとイングランド・マレーシアを観光

3.予算(お小遣いを含む)

 39万円(今回の留学・観光のために使ったすべてのお金を含んでいます。
 交通費や学費などはもちろん、お土産代(3万)・電話代・ギネス代なども含む)
 内訳(一部)
  航空券(成田〜ロンドンヒースロー)12万6540円(マレーシア航空OPEN・往復)
  航空券(ロンドンスタンステッド〜シャノン)1万円(ライアンエア・片道)
  航空券(ダブリン〜エジンバラ)4000円(ライアンエア・片道)
  学費・ステイ・保険料・送金手数料11万4000円

4.留学の目的、及びなぜアイルランドを選んだか?

1:英語を勉強してビジネスや旅行にいかしたいと思ったため。
2:留学以前に友達からアイルランド(主にアラン島)の写真を見せてもらったことがあり、是非行ってみたいと思っていました。留学する国は正直言ってどこでもよかったのですが、どうせなら少し観光もしてみたかったので、以前から興味があったアイルランドに留学することに決めました。

5.最終的にその学校を選んだ理由

 条件1:大学付属であること=大学生気分を味わいたかったので。
 条件2:ネットが自由につかる環境であること
 条件3:学生寮(フラット)に泊まれること=ホームステイは気を使ってしまって疲れるので。
 条件4:トレーニングジムがあること=ウエイトトレーニングしたかったので・・・。
 まったくもって勉強のことが書かれていませんが・・・。

6.学校及びステイ先とアイルランドでの生活のついての感想

 私は8月26日から始まった2週間のサマーコースを受講したのですが、同じ日に始まった3週間コースと合わせても日本人は私一人でした。というよりアジア人が私一人でした。最初の日にクラス分けテストでintermediateクラスに入ることになりました。このクラスには通年で授業を取っている日本人の方が4人いました。クラスの人数は全部で13〜14人くらい。内訳は、
  日本人・・・5人
  フランス人・・・1人
  イタリア人・・・1人
  スペイン人・・・2人
  ブラジル人・・・1人
  中国人・・・3人
  韓国人・・・1人
 日本人が圧倒的に多いですが、グループワークのときは先生が日本人同士で固まらないようにしてくれたので特に問題はありませんでした。授業はリスニング重視です。一応先生が授業でなにをやりたいか聞いてくれることもありました。
 次にステイ先について。私は学生寮(Dromroe village)にステイしていました。教室まで歩いて5分くらいです。6人でリヴィング(TV付)とキッチン共用、部屋はトイレ・バス付の個室です。カードキーがないと部屋はもちろん建物自体に入れない仕組みになっていて、セキュリティーはそこそこしっかりしていると思います。寮ではフランス人(男1人)、イタリア人(女2人)、スペイン人(女2人)と一緒でした。昼食・夕食はほとんどみんなで一緒でした。私は、残飯処理と皿洗いが専門。作るのはヨーロッパ勢。パスタやリゾット、オムレツなどなど、全く飽きが来なかったです。あと、フランス人がティラミス作ってくれたり。食には苦労しませんでした。ホームステイだと朝・夕食付で127ユーロ、学生寮だと自炊で128ユーロ。でも、みんなで食材を一緒に買ってくれば、一日一人3ユーロくらいです。
 一日の生活はこんな感じ
  8時     起床
  8時20分  朝食
  9時     授業開始
  11時15分  授業終了
    〜休憩〜
  11時45分  授業開始
  13時     授業終了
  13時30分  寮に戻って昼食
  15時     昼寝(シエスタ?)
  17時     トレーニングセンターへ
  19時     夕食準備
  20時     夕食
  21時     City centreのパブへGO!!
  24時     帰宅
  24時30分  就寝
 パブに行くのは3日に一度くらいでした。行かない日はみんなでリヴィングで映画見たり、話をしたり。リヴィングのTVは英語の字幕が出るように設定できるのでみんなで楽しめました。本当に貴重な体験ができました。寮で一緒に生活した友達は日本に帰ってきてからもメールやチャットで連絡を取り合っています。

7.週末の過ごし方

 学校主催のツアーに参加したり、寮の友達と旅行に出かけたりしていました。Limerickの街や、エニス、ゴールウェイ、アランアイランドなどを見て回りました。一番思い出に残っているのは、アランアイランドに行くために乗ったボート。あれは一生忘れないと思います。お試しあれ。

8.留学中困った事、及び良かった事

 2週間、寮に滞在する予定でしたが、友だちの勧めもあって、1日だけ寮に延泊を申し込みました。そうしたら、なんと請求された金額は33ユーロ!!耳を疑いました。「Sorry??」と言ったらご丁寧に紙に「33」って書いてくれました。7日間で128ユーロの寮に1泊しただけでなぜ??と思って1時間くらい抗議しました。受付の方は、「ホテルだって急に延泊したら手数料かかるでしょ?」といっていましたが、掃除してもらったわけでもないし、アメニティが新しくなったわけでもないのです!部屋だって空いてたんですし。なんとか25ユーロまでまけてもらって和解しました。本当は20ユーロくらいまでがんばろうかと思ったのですが、時間がなかったのでやめておきました。あとは、寮にコインランドリーがあるのですが、「8H〜21H daily」と張り紙をしておきながら、遅く開いて早く閉まります。このため、2回締め出しをくらいました。(自分の洗濯物が乾燥機の中にあるのに鍵が閉まっていてなかにはいれないってことです。)

9.その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

持って行ってよかった物
 スリッパ・・・ 寮の部屋の中と飛行機の中で使用。マレーシア経由だったのでこれがなかったらきつかったに違いない。
 電子辞書・・・ 英英辞典・英和辞典・和英辞典・類語辞典・英会話などがついているものを買って持って行きました。英英辞典が大変役に立ちました。グループで作業するとき、よく全員がわからないような単語に出会います。そんな時、英英付の電子辞書があればさっと調べてみんなに回せば理解してもらえます。
 携帯電話・・・ もちろん日本で使っている携帯電話です。アイルランドでは、電話としての機能は果たしませんが時計や目覚まし時計、友だちのメールアドレス帳としてつかっていました。また、ヨーロッパの人たちはかなり日本の携帯に興味を示してくるので持っているだけで会話のきっかけになりました。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 大変お世話になりました。留学を決めたときから、出発の日まですべての面において迅速で完璧な対応をしていただき、少しも不安を感じることなく準備を進めることができ、そして無事留学を終え日本に帰国することができました。本当にありがとうございました。


「アイルランド留学経験者の感想」フロントページへ戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd