留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--地域情報

首都ダブリンをはじめ、コーク、ゴールウェイ、リムリックなど、個性溢れる主要都市から小さな町まで、語学学校所在地を中心に、アイルランド各地の様子を簡単にご紹介します。

アイルランド各地のご紹介

アイルランド地図


アイルランドは、北アイルランドを含めると、面積・人口ともに、北海道と大体同じぐらいです。共和国では首都 ダブリン が圧倒的に大きく、それ以外の地方都市は、人口5〜15万人程度と、きわめて小さくなっています。また、町とさえ言えない小さな村や、本当に何もない田舎の一軒屋を学校にしたところもあります。

田舎が売り物のアイルランド、といってもいいわけですが、それでもその中には中核となる都市があり、語学学校の大半も、そういった町の中にあります。田舎の学校に通う場合でも、その最寄りの大きな街には、何かとお世話になることでしょう。

そこで、ここでは、アイルランドの各地域とその特色を、当社提携校が分布する町を中心に、ごく簡単にご紹介します。 これ以上の詳しい情報は、当社 総合リンク集 の、アイルランド一般・ビジネス情報渡航・旅行・生活情報航空旅行情報アイルランド個人サイト からお探しになって下さい。また、アイルランドはどういう国か、イメージをご覧になりたい方は、当社サイトの アイルランド フォト ギャラリー へもお越し下さい。



コーク(Cork) **ニチアイオフィス所在地

人口13万、適度な活気と落ち着きの共存した、温暖で住みやすい街。アイルランド共和国第2の都市であり、南部アイルランドの中心都市です。第2の都市の例外に漏れず、東京に対する大阪に似て、首都ダブリンに対する反骨精神が強く、独特の気風と文化に溢れています。例えば、アイルランドどころか世界中で有名な黒ビール、ダブリン産のギネスも、この街ではやや人気が薄く、その代わりに、コーク産のマーフィーズやビーミッシュが市民の間で広く飲まれています。ヨーロッパ有数の天然の良港でもあり、貿易の拠点として繁栄してきました。そのため、港町の例に漏れず坂道が多く、自転車通学には苦労がひときわ大きい街かもしれません。市内にはいくつかの見所があり、シャンドンの教会は特に有名です。郊外にも見所が多く、タイタニック号が最後に寄港したコーヴ港や、石にキスすると雄弁になれるという伝説があるブラーニー城などは、半日で気軽に訪れることができます。大きすぎず小さすぎずの適度な大きさで、一応何でも揃い、ダブリンほどの治安問題もなく、ゴールウェイほど観光客も多くなく、そういう意味で、留学先として手ごろな街と言えるでしょう。

交通:コーク空港〜バスで約20分。 ダブリンまで列車で約2時間半、バスで約3時間。 リムリックまで列車・バスとも約1時間半。 ゴールウェイまでバスで約3時間。

語学学校の立地:ニチアイ提携校は、Living in English は6kmほど離れた郊外に、University College Cork Language Centre は徒歩20分ほどの郊外にあり、その他の学校は、City Centre にあります。

コーク/Cork コーク/Cork


スカル(Schull)

人口6百。アイルランドでは一応タウン(町)とされていますが、町よりは村といった方がふさわしい、ウェストコークの海辺にあるかわいらしい集落です。コーク州内にありますが、コークからでもかなり遠く、ウェストコークの主要な町である、クロナキルティー、スキバリーン、バントリーなどの町より、さらに一回り小さな規模です。農漁業と観光業が盛んですが、実はこのあたりは昔から、アイルランドの自然に魅せられた外国人がかなり住んでいて、アーティスト系の住人も多く、そのため、田舎の割に意外と垢抜けた一面もあわせ持っている地域でもあります。

交通:コークまで、バスで約2時間。

語学学校の立地:ニチアイ提携校は、Town Centre にあります。

スカル/Schull スカル/Schull


キラーニー(Killarney)

人口8千。アイルランド最南西部、ダブリンから最も遠い、ケリー州にあります。町は小さいですが、周囲を山と湖に囲まれた観光地、保養地として古くから内外に知られる、風光明媚な町です。町を歩くと、ホテルやレストランが目立ち、観光馬車も良く見かけます。この町を拠点にしたツアーも多く、夏を中心に、アイルランド観光の本場として賑わいます。町はずれから、国立公園が始まり、湖が多く、風光明媚な自然を間近に味わうことができます。

交通:ケリー空港〜タクシーで約20分。 ダブリンまで、列車で約3時間半、バスで約6時間。 コークまで、列車で約1時間10分、バスで約1時間40分。 リムリックまで、バスで約2時間。

語学学校の立地:ニチアイ提携校は、Town Centre から徒歩圏内にあります。

キラーニー/Killarney キラーニー/Killarney


ウォーターフォード(Waterford) 

人口5万。アイルランド共和国第5位で、南東部最大の都市。かつて世界最大のクリスタルグラス工場があったことで、世界中にその名を知られています。西部に比べて雨が少なく、温和な気候を反映するかのような、おっとりした、マイペースで発展している街です。しかし、クリスタルグラス工場を除くと、特に著名な観光地もなく、西部に比べて地味な印象があり、それゆえ観光化も余り進んでおらず、夏でも地元の人が中心の、日常色の濃い街です。他の主要都市と違い、進出日本企業もないため、長期滞在の日本人もほとんどおらず、都市生活をしながら日本人の少なさを味わうには、最高の立地でしょう。

交通:ウォーターフォード空港〜タクシーで約20分。 ダブリンまで、列車で約2時間10分、バスで約2時間半。 コークまで、バスで約2時間。 リムリックまで、バスで約2時間半。

語学学校の立地:ニチアイ提携校は、City Centre から徒歩圏内にあります。

ウォーターフォード/Waterford ウォーターフォード/Waterford


リムリック(Limerick) 

人口7万。アイルランド共和国第3の都市。ブリテン諸島最長の川、シャノン川の河口に位置する、歴史の古い街です。近年はモダンな産業都市として、特にコンピュータ産業で繁栄してきましたが、最近の経済危機で多くが撤退し、現在は残念ながら、アイルランドでも最も失業率の高い街になっています。ここは、コーク、ケリー、クレア、ゴールウェイといった、アイルランドで最も人気のある西部地域観光コースのちょうど中間になります。また、映画化で話題になった小説「アンジェラの灰」で舞台となった街でもあります。ゴールウェイと同じサイズの街でありながら、観光客は素通りしてしまいがちで、そのため、夏の観光シーズンでも街を歩く人は地元の人が多く、素顔のアイルランドが年間を通じて味わえる都市でもあります。近くにアメリカへのゲートウェイとして発展したシャノン空港があるため、アイルランドではダブリンに次ぐ交通の拠点となっており、国内外への旅行が比較的しやすいのもメリットです。

交通:シャノン空港〜バスで約45分。 ダブリンまで列車で約2時間15分、バスで約3時間。 コークまで、列車・バスとも約1時間半。 ゴールウェイまでバスで約1時間半。

語学学校の立地:ニチアイ提携校中、Limerick Language Centre は、City Centre に、University of Limerick Language Cenre は、バスで15分ほどの郊外にあります。

リムリック/Limerick リムリック/Limerick


ゴールウェイ(Galway) 

人口7万。リムリックとほぼ並ぶ規模の都市。アイルランドの伝統が今なおよく残された西部地域の中心都市。また、アイルランド伝統文化研究の中心地でもあります。有名なアラン諸島への拠点でもあり、背後にコネマラやバレンなどの景勝地をかかえ、夏を中心に、観光客で溢れかえるコスモポリタンな街になります。アートフェスティバル、オイスターフェスティバルなどのお祭りにもこと欠かず、その期間は小さな街が人で溢れかえります。年間を通じて学生の多い学園都市でもあり、個性的なアイリッシュパブも多く、アイリッシュライフを手軽に満喫できる街として人気があります。また、アイルランドではダブリンに次いで留学生の多い街となっています。また、市街地から歩ける範囲に綺麗なビーチがある、湾に面した都市でもあります。但しそのため、冬は海風がちょっときついかもしれません。

交通:ダブリンまで、列車・バスとも約2時間半。 リムリックまで、バスで約1時間半。 コークまで、バスで約3時間。

語学学校の立地:ニチアイ提携校は全て、City Centre から徒歩圏内にあります。

ゴールウェイ/Galway ゴールウェイ/Galway


ダブリン(Dublin)

郊外を含むと人口約120万。名実ともにアイルランド共和国の首都であり、他をしのいで圧倒的に大きい都市。大半の旅行者が最初に到着する場所でもあり、一年を通じて活気があります。近年の好景気にインフラ整備が追いつかず、慢性的な交通渋滞や治安の悪化など、色々な問題も生じていますが、それでもダブリナーズ(ダブリンっ子)は、ダブリンが世界一良い所と信じて疑いません。3人のノーベル文学賞受賞者を生んだ、文化の香り高き街でもあり、ギネス工場からの芳香が漂い、パブで埋め尽くされたアルコールの街でもあります。アイルランドを訪問する人が、良かれ悪しかれお世話になる街です。しかし、ちょっと郊外に足を伸ばせば、豊かな牧草地や綺麗な海もあり、大都市ながら、大自然も間近に味わえる場所でもあります。観光施設も豊富にあり、特に、アイルランドの田舎の観光施設が休業となる冬季であっても、ダブリン市内の博物館・美術館などは年間オープンしている所が多く、そのため近年は冬のオフシーズンでも観光客が少なくありません。勿論、アイルランド内を旅行するにも拠点となる便利な街で、ダブリンから全国各地へ、列車・バスが放射状に出ています。

交通:ダブリン空港〜バスで約40分。 ベルファーストまで、列車・バスとも約2時間。

語学学校の立地:ニチアイ提携校のうち、Language in Dublin は、City Centre から電車で20分程度の郊外に、Dublin City University、University College Dublin、Emerald の3校は、City Centre からバスないし路面電車で10〜20分程度の郊外にあり、他の各校は、City Centre から徒歩圏内にあります。

ダブリン/Dublin ダブリン/Dublin


ブレイ(Bray)

人口2万5千。ダブリンの隣、ウィックロウ州の入口にある町ですが、実質的にはダブリンの衛星都市となっています。海に面しており、古くからダブリン郊外の手近な海浜リゾートとしても知られています。ロンドン郊外の著名な海浜リゾートであるブライトンに似ていることから、俗に「アイルランドのブライトン」と言われたりします。他方でウィックロウの山々も迫った場所にあり、手の届く所に大自然が溢れています。それでいて、ダブリンから電車や市バスで簡単に行ける、交通至便な立地です。けれどもダブリン都心の喧騒はなく、都会の慌しさとは違うペースでの生活が楽しめます。

交通:ダブリンまで、電車・ダブリン市バスで約40分。

語学学校の立地:ニチアイ提携校2校は、いずれも Town Centre から徒歩圏内にあります。

ブレイ/Bray ブレイ/Bray


ベルファースト(Belfast)

人口約28万。北アイルランドの首府であり、南北アイルランドを合わせてもダブリンに次ぐ大都市です。また、アイルランド全島で唯一の重工業都市でもあります。歴史は比較的浅く、近世以降、急激に都市化が進みました。特に19世紀は造船やリネン産業で世界一を誇るほどに産業が栄え、有名なタイタニック号もここで造られました。現在、ここを含む北アイルランドは、政治的にはイギリス(連合王国)に属していますので、通貨もイギリスポンドが使われており、電話や郵便もイギリスと同じ制度のため、アイルランドのテレホンカードや切手は使えません。街並みは、まさにアイルランドとイギリスの中間のようですが、郊外に出ると、共和国同様、のどかな田園風景が広がっています。北アイルランドの産業・交通の中心で、ここを基点に北アイルランド各地へは、鉄道・バスとも共和国よりもむしろよく発達しており、共和国との行き来も簡単です。アイルランド島唯一、2つの空港がある都市でもあり、英国本土各地との航空便も発達しています。

交通:ダブリンまで、列車・バスとも約2時間。 スライゴまで、バスで約4時間。 ゴールウェイまで、バスで約7時間。

語学学校の立地:ニチアイ提携校は、City Centre から徒歩圏内にあります。

ベルファースト/Belfast ベルファースト/Belfast


デリー(Derry)

人口約11万。北アイルランド第二の都市であり、共和国とのボーダーまでわずか5キロという国境都市でもあります。その立地ゆえ、北アイルランド紛争の激しかった時代には、それなりの騒擾もありましたが、今は平和な小都市で、実際、英国政府の統計では、英国で最も犯罪発生率の低い都市の一つになっています。フォイル川がロック・フォイルという湾に注ぐところに開けており、町全体が起伏に富み、緑に囲まれた美しい都市として、最近は観光客も増加しています。国境都市ゆえ、英国ポンド、ユーロとも普通に通用します。常に財布を2つ持ち、今週末は共和国、来週末は北アイルランド、という感じで小旅行を楽しむこともできるでしょう。そういう意味で、ボーダーを越えて、アイルランド北部全体の中心都市といっても良いでしょう。また、意外に知られていないことですが、デリーはハロウィーンを特に盛大に祝う都市として有名です。

交通:ベルファーストまで、列車・バスとも約2時間。 ダブリンまで、列車・バスとも約4時間半。 スライゴまで、バスで約2時間半。 ゴールウェイまで、バスで約5時間半。

語学学校の立地:ニチアイ提携校は、City Centre にあります。

デリー/Derry デリー/Derry



日本からアイルランド各地への足

日本からアイルランドへは、直行便はありません。飛行機でアイルランドへ入る場合、少なくとも1度は乗換えがあります。

ダブリン空港経由: 日本からアイルランドへの航空券を手配すると、通常、ダブリン空港発着となります。ダブリンや、ダブリンに近い地域へ行かれる方は、ダブリンまでの航空券を手配しましょう。

ダブリン空港から地方へ行く場合の交通機関は、大きく次のような方法があります。

ロンドン経由で直接地方都市へ: 日本からロンドンまでの飛行機を手配すれば、ロンドン・ヒースロー空港から、ベルファーストへの直行便は日に10便以上、コークへの直行便も一日4〜5本あります。ロンドンのその他の空港からだと、コーク、シャノン、ベルファーストの他、ケリー、ゴールウェイ、ノック、デリーへも便があります。

ヨーロッパ経由で直接地方都市へ: パリ、アムステルダム等のヨーロッパ大陸主要都市からは、コーク、シャノン、ベルファースト等への直行便が運航されています。但し便数は一般に少ないです。運航される航空会社や路線は頻繁に変わりますので、 ニチアイの航空旅行関連リンク や、旅行会社等で最新情報をお確かめ下さい。

航空券のお問い合わせは 航空券お見積りフォーム をご利用下さい。



このページ(地域情報)のトップへ戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd