留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--留学体験談

32歳女性。コークにワーキングホリデーで滞在し、ACETにケンブリッジ試験コースを含め6ヶ月のコースを受講し、シェアハウス生活。

アイルランド留学経験者の感想
2014年6月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 32歳 女性 会社員

2.学校名及び期間

 Active Center of English Training (ACET)
 2013年9月〜12月(13週間)、
 2014年3月〜6月 (13週間)

3.予算(お小遣いを含む)

 200万(生活費をキチンと管理しなかったので、生活費は概算です)
 飛行機代17万
 旅行保険代13万
 授業料50万
 生活費100万
 その他 アイルランド、ヨーロッパ旅行費、等

4.留学の目的、及びなぜアイルランドを選んだか?

 これまで留学にもワーキングホリデーにも興味はなく、有給で友達と行く 短期海外旅行で十分満足しておりましたが、ある時、観光で訪れたスイスでスイス人が数ケ国語を話している姿に直面し、最低英語だけはマスターしたいと突然思い立ち留学を決意しました。

 アイルランドに決めた理由は、一度も訪れたことのない英語圏に滞在してみたかったからです。オーストラリアやイギリスはすでに行ったことがありましたので、アイルランドにするかマルタにするか迷いました。アイルランドの方がケルト文化を始めとして、調べれば調べるほど歴史の深い国だとわかり、長期滞在する場合は時間をかけて沢山知りたいことがあると思える国の方がいいと思い、アイルランドを最終的に選びました。

5.最終的にその学校を選んだ理由

▼都市について)
 首都のダブリンとコークで迷いましたが、ニチアイオフィスがあるので万が一の時は安心のような気がして、コークを選びました。

▼語学学校について)
 13週間以上で申し込むとニチアイ割引が適用されるお得な授業料金に惹かれたことと、私が勉強したいケンブリッジ試験対策コースの評価が高い語学学校であると高木さんにお薦め頂いたので決断致しました。

6.学校及びステイ先とアイルランドでの生活のついての感想

▼語学学校について)
 ケンブリッジ試験対策コースの先生はケンブリッジ試験を熟知しているので、例えばスピーキングで点数を上げる方法などケンブリッジ試験のコツのようなものを効率的に教えて頂きました。自分の答えが間違っていた時は、理由を聞くと、あやふやな答えではなくて論理的に説明してくれたので、授業の質はとても高かったです。 先生をサポートするスタッフも試験のことをよく知っていたので、授業だけでは補い切れない自分の苦手分野(私の場合はリスニング)はスタッフの方に相談して補足資料を用意してもらいました。私の語学学校では、困ったことがあるとき、静かに待っていても気づいてもらえませんが、相談事があれば自分から言うとスタッフの方が親身に対応してくれます。スタッフのローラは本当に親切で、頼りになるベテランスタッフです。    

▼ステイ先について)
 私はホームステイを一度も経験しませんでした。初めの一ケ月は学校の自炊アパートに滞在し、その後は自分でフラットを探し、残りの11か月間はルームシェアの生活をしました。
 ホームステイをしていない私が言うのもおかしいですが、短期留学の方はホームステイをされたほうがいいかもしれません。留学中にヨーロッパの友達は苦労せずに沢山できますが、アイルランド人の友達は努力しないと出来ません。私は努力しませんでしたので、一年間もアイルランドにいてもアイリッシュで友達といえる人は出来ませんでした。これがほとんどの留学生の現状だと思います。よって、ネイティブの生の英語を聞けるチャンスはホストファミリー宅に滞在した方が手っ取り早いと思います。

▼アイルランドの生活について)
 アイリッシュはとても親切で、アイルランドは治安がいいので外国なのにすぐに馴染むことが出来ました。私が住んでいたコークは小さいので、学校、職場、友達と会う場所などすべて徒歩圏内で済みました。私は日本にいたときは一人でカフェで過ごしたり、買い物に行ったり、習い事をしたりと一人の時間も楽しむタイプでした。コークに来てからは一人で時間を潰したいと思わせてくれる場所があまりないので毎日、誰かしらには連絡をし、カフェや公園、パブで会っていました。毎日誰かに会おうとしていたので、友達つながりで友達も増えるし、英会話の練習にもなりました。

7.週末の過ごし方

 週末はルームメイトと部屋で話したり、散歩に行ったりと私はコーク市内で過ごすことが多かったです。ワーホリで一年間の滞在予定でしたので、語学学校が終わってからいつでも違う都市への観光はできると思っていたことと、10年ぶりの学校生活に疲れてしまい、土日は遠くまで行かずに近場でゆっくりと過ごしたかったから遠出しなかったのだと思います。

ただ、ニチアイツアーがあるときは参加していました。他社のツアーに比べると断然安いですし、高木さんが参加者の行きたい場所をある程度は考慮してくださるので、他社のツアーに参加するよりもお薦めです。更に、高木さんからアイルランド情報を仕入れることもできます。私はアイルランドに来て早い段階でニチアイツアーに参加して高木さんとお話しをする中で、自分が今後どのようにアイルランドで過ごすかイメージしたりしました。

8.留学中困った事、及び良かった事

 留学中困ったことは、私が来たときはコークに日本人が思ったよりも少なかった為、日本語を話すことが出来ず、初めの3ケ月間はストレスになってしまいました。せっかく英語を上達させるために留学に来たので日本人が少ない環境のほうがいいという方もいると思いますが、実際に海外に行くと、長期滞在でしかも来たばかりの時は日本語を話す相手が一人もいないと気が滅入ります。親とはLINEを使って、日本語で会話をしましたが、現地の事情を知らない親に話すよりも現地にいる日本人と日本語を話して情報交換などをしたほうが、精神的にもいいのではないかと個人的に感じます。

9.その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 長期に渡り海外に滞在すると、当初は英語習得目的だけであったのに、最終的には英語以外に得るものがとても大きくなると思います。私は英語以外の外国語は全く興味がなかったのですが、数ケ国語話せるヨーロッパの友達の中にいると自然に英語以外にも興味が出てきて、今はスペイン語の勉強も始めました。日本にいたら、きっと、英語が中途半端のまま他の言語の勉強を始めるという発想は生まれなかったと思います。語学の魅力に気づけたのも、留学したお陰だと思いました。これまで興味を持たなかっ たことに興味を持ったということは、自分が気づかないうちに自分の考え方や視野が広がったのだと思います。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 アイルランド留学についてはネットではあまり情報が出回っていないので、アイルランドでの生活や語学学校についてイメージしにくいことが多かったです。しかし、留学説明会(私は3回参加いたしました)やメールで丁寧に説明して頂いたお陰でイメージ通りの生活を送ることが出来ました。渡愛後も、語学学校の更新についてなど相談に乗っていただき、感謝しています。結果的に3ケ月延長して合計6ケ月語学学校に行くことにしましたが、よかったと思っています。メール対応も素早く、説得力のある内容で、大変参考にさせていただきました。


「アイルランド留学経験者の感想」フロントページへ戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ  Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2015 Nichiai Ltd