留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--留学体験談

23歳女性。コークイングリッシュカレッジにアカデミックイヤーで半年間の長期留学。

アイルランド留学経験者の感想
2015年11月終了者

 

1. 年齢、性別、留学前の職業

 23歳、女、フリーター

2.学校名及び期間

 Cork English College(CEC) 2015/05/18〜

3.予算(お小遣いを含む)

 約180万円
 当時€1=133円ほどでした。

4.留学の目的、及びなぜアイルランドを選んだか?

 もともとアイルランドという国にあこがれがあり、単なる旅行ではなく、そこに住んでみたいと思ったから。 また、洋画や海外文学、洋楽が好きなため、それらを本来の言語で味わえるだけの英語力を身に着け、後の仕事に繋げたかったから。

5.最終的にその学校を選んだ理由

 人の多い環境が苦手なため、当初は小規模校を希望していましたが、アカデミックイヤー制度がある点、立地、トラブル時に頼れるスタッフがいるか、などを考慮した結果、CECを選びました。
 海外慣れしていない、あるいは人見知りするタイプほど、サポート体制の整っている中規模〜の学校を選んだ方が良いかと思います。

6.学校及びステイ先とアイルランドでの生活のついての感想

【CEC】
 シティの中心部。かなり良い場所にあり移動や暇つぶしには困りません。 レッスンは講師によってやり方が大きく異なります。それゆえ人によって好き嫌いがわかれるようで、クラス移動した生徒の中には「講師が良くない、退屈だ」と不満に思っている人も少なからずいました。
 国籍はブラジル、イタリア、フランス、スペインが目立ち、アジア系はほとんど韓国。わたしが行っていた期間で見かけた日本人は3人だけでした。
  また、こちらの学校の強みと特徴にE-ラーニングがありますが、わたしは入学後、ほとんど利用しませんでした。 ただ、クラス分けテストが事前に受けられるのと、同サイト内に学校やCorkに関する情報が色々とまとめられていたりするので、渡航前などは便利かと思います。
 レセプションに関しては日本のような「親切さ」「丁寧さ」を求めてはいけません。この学校が特別不親切というわけではなく、これがアイルランドの標準です。

【ホームステイ】
 ステイ先は学校からバスで30分ほどの郊外にある住宅地。少し時間はかかりますが徒歩圏内にはショッピングセンターもあり、不便は感じませんでした。また、治安も良く、豊かな自然に囲まれているので、毎日歩いて帰るのが楽しみでした。
  ホストファミリーはそれぞれ毎日忙しそうでしたが、一緒に映画を観ないか、お茶やおやつはいらないか、○○や△△には行ったか、と何かと声をかけてくれ、とても親切に接してもらいました。 別れる際に「またいつでもおいで」と言ってもらえたときは本当に嬉しかったです。 ホームステイに関しては「運」と常々聞いていたため、かなり不安だったのですが、この点でいうとわたしはかなりラッキーだったと思います。

【学生寮】
 6月〜8月末の約3か月を学生寮で過ごしました。 人数は一部屋に8人、キッチン兼リビングが共有で、バスルームは各個室に付いています。 シェアメイトはみんな気さくで明るく、節度のある人たちだったので人間関係で困ったことはありませんでしたが、週一回の清掃が来なかったり、インターネットが突然使えなくなったり、またそれらのリカバリーに時間を要するのは仕方ないのですが、事情をはっきり説明してくれなかったりと、寮全体の管理体制には首を傾げることが多々ありました。 あまりに埒があかないので学校側に訴えることもありましたが、基本的に「それはこちらの問題ではない」というスタンスなので、あまり親身になってはくれません。

7.週末の過ごし方

 最初の半年は費用面で不安もあったため、シティ中心にそぞろ歩いたり読書をして過ごしました。また、個人的に大人数で行動するのが苦手なのでわたしは参加しませんでしたが、学校主催のエクスカーションを利用すれば安価でデイトリップを楽しむことも出来ます。

8.留学中困った事、及び良かった事

 Dublinで開催されたマンガ・アニメのイベントにボランティアスタッフとして参加。 アイルランドでも日本のサブカルチャーは凄まじい人気で、CorkやGalwayでもこういったイベントが開催されているようです(ちなみにGalwayのイベントには日本の声優さんがゲスト参加されていました)。
 学校に行くだけではなかなか出会えないような人々と知り合え、とても良い経験になりました。

9.その他感想又はこれから留学する人へのアドヴァイス

 何かしら特技や個性があるなら、それを大いに披露してください。 わたしは不器用で折り紙なども折れず、スピ−キングもお粗末だったため日本のことなどほとんど紹介できませんでしたが、趣味で描いていたイラストをステイ先の子供にあげたら、ものすごく喜ばれ、距離がぐっと縮まりました。
 留学となると、何かと「日本人」であることにとらわれがちです。もちろん自国をきちんと知り、説明することも大切ですが、一番大事なのは自分自身をアピールしていくこと。 自分を話のタネにしてしまえば、コミュニケーションをとるのも楽しくなります。 また、渡航前の英語に関しては、学校でも出来るような勉強一辺倒になるよりも、ニュースサイトを見たり、映画・音楽に親しんで海外カルチャーに関する知識を増やしていくほうが会話のきっかけを掴むという点で効果的かと思います。

 その他こまごま。
・こちらでひく風邪にはこちらの薬の方が効くので、個人的に必要なもの以外はあまり神経質にならなくて良い。
・消耗品はあまり持たない。荷物は出来るだけ少なく。
・折り畳み洗面器、洗濯ネット、丈夫な下着、フード付き防水ジャケット/ブーツは必須。
・こちらでも安価で買える湯たんぽは経済的で冬季に大活躍。
・張り切りすぎない、焦らない、他人と比べない。

10. ニチアイへの印象及び対応についての感想、ご意見

 些細な疑問にもメールで丁寧に答えて頂き、とても感謝しています。アイルランド留学を大きな不安・心配なく過ごせたのも、ニチアイさんがいる、という安心感があったからこそだと思います。ありがとうございました。


「アイルランド留学経験者の感想」フロントページへ戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2016 Nichiai Ltd