留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--語学学校案内--リビングインイングリッシュ

リビングインイングリッシュはコーク市の郊外にあり、ベテランの英語教師宅にホームステイする、一対一個人レッスン専門の、日本人向けホームチュイション校です。

リビング・イン・イングリッシュ の留学体験記
Living in English

<留学体験者のコメント>

Living in English
庭から見た先生宅
リビングインイングリッシュ
リビングルーム
Living in English
台所
リビングインイングリッシュ
学生用ベッドルーム

以下は、リビングインイングリッシュへ行かれた方の体験談を、新しい順に掲載しています。リビングインイングリッシュの学校情報はこちら

=その14=

 先生はすごく日本人のことを理解してくれていて、日本人特有の間違いなどをすぐに指摘してくれましたし、毎回授業中の会話を文字におこしてくれたため、復習もしやすかったです。また、私の習いたいことを中心に授業を組み立ててくれたため、弱点の克服に繋がったと思います。さらに、アイリッシュスコーンの作り方も教えていただき、毎回楽しく授業を受けていました。
(25歳・女性。2012年1月〜3月に2時間レッスン4回)

=その13=

 リズ先生は、日本人のことをよく理解していると聞いていたので、安心してお宅にうかがうことができ、1週間くつろいですごせました。最初に何がしたいか、希望を聞いて下さるので、自分でしたい事があれば伝えておくとよいです。私の場合は、会話を中心にしてもらう様お願いしました。先生のご主人は、アイリッシュミュージシャンでもあるので、アイリッシュミュージックが好きな方には、おすすめです。スコーン作りも体験でき楽しかったです。学校というよりは、ホームステイをしたという感じでしたが、12Wのダブリンでの勉強に少し疲れていたので、私にとっては、よいタイミングで行けて良かったという印象です。
(28歳・女性。2008年7月に1週間)

=その12=

 アイルランドには以前から強い興味があり、留学してみたいと思っていました。ボウディッカさんのサイト経由でニチアイさんを知りましたが、現地の会社であることと、サイト上の説明もわかりやすく、留学手続きも自分のできることはできるだけ自分でやるという方針に信頼が置けると感じ、今回お願いしました。
 Living In Englishに決めた理由は、英語がまったくの初心者レベルのため個人レッスンのほうがいいと思ったことと、評判が良かったためです。私の場合、Speakingが弱いのでその時間を多くとって頂きました。また、課外活動でミドルトンやコーヴなど、多くの場所に連れて行ってもらいました。とても有意義に過ごせたと思います。
 今回は短期の留学でしたが、いずれ長期で滞在したいと考えています。その際にはまたニチアイさんにお願いしたいと思います。ありがとうございました。
(28歳・女性。2007年11月に1週間)

=その11=

 日本人限定で生徒を受け入れているという事にとても惹かれ、ダブリンの語学学校に入学する前にLiz先生の家に行きました。Lizを始め旦那さんのMatt、親戚の方々みな暖かく迎えてくれました。英語を上達させる事はもちろんですが、アイルランドの文化、歴史、生活等を肌で感じる事ができ、とても貴重な体験をさせて戴きました。Lizは本当に暖かい人で安心して一週間を過ごす事ができ、何度でも行きたいと思うぐらいです。また彼女はとても料理が上手で毎日アイルランドの伝統的な料理を作ってくれ、おいしくいただきました。一日中Liz達と生活を共にする事で、英語での生活にある程度慣れ、おかげでその後の語学学校での生活にもすぐ慣れる事が出来ました。暖かく迎えてくれた御家族とニチアイさんには本当に感謝します。ありがとうございました。
(22歳・男性。2007年3月に1週間)

=その10=

 One to One の良い所は、先生との距離が近い事です。Speaking が苦手な私はなかなか思う様にしゃべれませんでしたが、Liz先生にサポートしてもらいながら、又、間違った所は正してもらいながら、楽しく会話をする事が出来ました。少しずつ自信につながっていきます。Liz先生といっしょに行動させて頂くので生活する英語が身についていきました。キラーニへのドライブ、コーク近郊の街へのドライブ、映画・音楽鑑賞など連れて行って頂き、その中で英会話をはずませていきます。英会話の瞬発力が少しずつですが出てくるなと実感しました。Liz先生はリラックス出来る環境をいつもこころがけてくれます。先生の温かい気付かいにとても感謝する限りでした。
(30歳・女性。2005年10月に1週間)

=その9=

 2004年の7月に1週間「Living in English」で過ごしました。今回のアイルランド滞在は、アイルランドの音楽が好きで旅行するのが主目的で、途中で1週間英語を勉強をすることでその後の旅行に役立てたいと思って「Living in English」を選びました。英語が殆ど出来ないので、旅行での会話に絞って勉強するようにお願いしたところ見事に期待に応えていただきました。旅行での会話といっても自己紹介やお店でのやりとりだけではなく、自分の考えを話す術や思ったこと、感じたことを表現する方法も練習することができました。いろいろな物事に対しての考えをリズ先生とディスカッションできたことは英語を学ぶということを超えて、会話や交流の面白さまで体感できました。また、リズ先生のダンナ様のマットに、大好きな伝統音楽のことを聞けたりして授業以外での毎日もとても実のあるものでした。マットにも本当にお世話になりました。そして、それまでどうしても英語が通じなくて困った状況というのもあったのですが「Living in English」でその切り抜け方を聞けたせいか、その後はそこまで困ることは無く、残りの滞在を満喫できたと思います。音楽もたっぷり楽しむ事ができました。
 ニチアイさまにも本当にお世話になりました。旅行前の細かい質問にも迅速に丁寧に答えていただけて、とても有り難かったです。次回留学をすることがあれば、また是非お願いしたいと思っています。
(34歳・女性。2004年7月に1週間)

=その8=

 初めての海外留学、そしてホームステイ、と不安はたくさんあったのですが、ステイ先の家族のおかげですばらしい体験ができました。教会で礼拝の音楽を聴いたり、女子学校で音楽の授業に参加したり、大学でアイルランド音楽のコンサートを聴いたり、個人的に歌のレッスンをしていただいたり、パブで日本の歌を歌ったり・・・本当に、豊かな音楽体験ができました。また先生の旦那様のおかげで、音楽資料にも目を通すことが出来ました。ただ、当然ですが全て英語だったため、僅かしか理解できなかったことが残念です。 私の英語力は初級ですが、今回先生と付きっ切りで8日間暮らしたため、ヒアリングの力が伸びました。英語のビデオやニュースもよく観ました。一日つきっきり、しかも英語レッスン以外に町にも連れて行ってくれ、気になることはメモをして、一日の終わりに英語でまとめて渡してくれました。それは私のレベルを知る上で役に立ちました。 金銭的にも、ほとんど先生が出してくださいました。先生には何から何まで本当に良くして頂き、こちらの方が、先生が疲れないかな、と心配になるくらいでした。今まで思っていたアイルランドでの夢が全てかないました。本当に、ニチアイの皆様、そして先生とその御家族に感謝しています。どうもありがとうございました。
(29歳・女性。2004年3月に1週間)

=その7=

 Living in Englishのようにホームテュイションの場合、先生との相性を不安に思われる方もあるかもしれませんが(私がそうでした)、Liz先生はプロ意識の高い素晴らしい先生ですし、感情面でも非常に安定した方ですので、どんな方にもそのような心配は無用だと思います。
 お家(=学校)はコークのシティセンターから車で10分ぐらいの所にあり、ご家庭は先生と旦那さん、息子さんの3人ですが、息子さんはミュージシャンで、夕方から演奏に出かけられ明け方戻られる毎日でしたのでほとんど顔を会わせる機会がありませんでした。
 Living in Englishでの生活は思った以上に忙しく、絵葉書1枚書く時間を見つけるにも苦労するほどでした。晩御飯の後も先生や旦那さんと一緒にニュースを見たり、先生と暖炉の前で話をしたり、宿題も少しですが出ますし、毎日新聞記事をひとつ選んでサマリーを話さなくてはいけませんでしたので、いつも早起きして新聞を読んでました。ですので、気を完全に許してぼーっとする時間は皆無でした(笑)。それだけ充実していたと言えるでしょう。
 先生は非常に根気強い方で、私の納得がいかなければ何度も言い方を変えて説明して下さいましたし、英語が間違っていたらたとえ授業外でも聞き流すことなく逐一指摘して下さいました。ホームテュイションの場合、留学期間中ほとんど先生としか話をする機会がないわけですが、英語で苦手に思っていたところや、それまでよくわからなかったことなど、リクエストすると順番に授業でみっちり教えていって下さいますので、そういう目的にはこの学校は最高の環境です(毎日朝から晩まで先生を独り占めできるわけですから)。今思えば、もっともっと色々聞いておけばよかったと思います。
 先生は菜食主義でお肉はほとんど口にされず、加えて小食な方ですが、私が食に対して非常に積極的な人間であることがわかると、私のために、本当に色々なものを用意して下さいました。量もだんだん増えていきました(笑)。食べ物のことだけでなく、生徒が居心地よくいられるように、ありとあらゆることをして下さいました。今までの人生の中で最高に贅沢な2週間だったかもしれません。
(30歳・女性。2002年9月に1週間)

=その6=

 期待していた以上のすばらしい内容でした。日本と日本人にとても興味がある素敵な先生とご家族と一緒に過ごした1週間は、あっと言う間でした。授業は最初に何を中心に進めるか相談しながら始まりました。毎日非常にたくさんの事を習ったので私の場合は終了後、復習日程を取る必要性を感じました。先生と買物に行ったり、先生のお友達とお茶を飲んだり、コンサートに連れていってもらったり、本当に楽しくよい経験が出来ました。こちらが話す度に先生が正しい英語に直してくれました。授業だけではなく生活の中のあらゆる場面で使える英語を教えてくれました。メモとペンを常に持ち歩く必要がありました。何よりも先生とご家族の温かで気さくな人柄に英語に対する前向きな気持ちが生まれました。総合して考えるとこの値段は高いものとは思いませんでした。
(30歳・女性。2002年9月に1週間)

=その5=

 英語はまったくの初心者なので、評判の良いLiving in Englishに2週間行くことにしました。行きのヒースロー空港での入国手続のさい、留学証明書を手持ちで持参していなかったので注意されました。cork行き/帰りの機内でも、corkの町中でも日本人を見かけることはなく、lunch時にYESの日本人生徒2人と、Liz先生の日本人友達に逢っただけでした。Liz先生の授業は評判通りとっても丁寧でした。授業外でも熱心に教えてくれて、本当にすばらしい先生だと思いました。旦那さんは本当にユーモアのあるとっても素敵な方で、超有名なIrish musicianでしたので、色々な楽器を演奏して下さったり私に教えて下さいました。息子さんとも仲良くなれ、本当に居心地の良いstay先でした。LizとMattは本当に愛に溢れた方で、すばらしいおばあさんやたくさんの友達も紹介して頂き、日本に帰っても、英語を使って話す機会ができたので嬉しいです。
 おこずかいはお土産代だけで、お昼御飯、コンサートや映画館、外食や観光名所、レンタルビデオ等のお金はすべて出していただけました。ただ、お土産で本を買った際店員さんにおつりを騙されてしまい、Lizに頼んで返してもらうこうことができました。あと、私は年令上pubには行けないのですが、お友達の店へ連れてってもらえ、サクラを歌いました。
 それと、折り紙を折ったり国歌を歌ったり漢字や日本のことをたくさん教えたりしましたが、日本人であることの誇りや日本での常識や生活習慣をまず理解しておくことがなによりも一番大事だと思いました。日本人が少ない分、日本や日本人に対しての先入観が結構あるのです。Living in Englishでの生活は本当に本当にすばらしいものでした。初めての留学で、素敵な新しい家族ができて、とっても幸せです。私の英語はAmerican accentですし、まだまだ早い会話は聞き取れませんが、早く上達して、たくさん会話がしたいです。nichiaiさんは何でも質問に答えてくださり安心できました。本当に有り難うございました。また秋頃アイルランドへ行きたいと考えています。その時はまたよろしくお願いします。
(16歳・女性。2002年6月に2週間)

=その4=

 月曜日から金曜日の間、基本的には午前中に勉強して、午後から外に出かけるというパターンでしたが、滞在中にワールドカップが行われていたので、見たい試合があるときには勉強を中断してテレビを見て、その分は午後から勉強したり、疲れているときにはスタート時間を遅らせたりなど、その日の状況や体調に合わせて対応してくれました。勉強の内容は、私が理解してない部分を重点的に教えてもらいました。分からない事があれば理解できるまで教えてもらえるので、短い期間でしたが新たに身に付いた事は多かったです。勉強以外の時間も常に先生と会話をして、その間も間違いがあればどんどん訂正してくれました。いろんな話題を持ち出してくれるので、アイルランドの事や日常の生活などについても聞く事ができて、英会話以外の事でも勉強になりました。先生自身、日本にかなり興味があるらしく、日本についてもいろいろと話ができて楽しかったです。食事は、聞いていた通り魚料理が多く、毎回豪華でおいしかったです。私が事前にリクエストしたこと(料理を習いたい・コーク周辺を観光したい・音楽を聴きたい)は、すべて叶えてくれました。それに先生のご主人、息子さん、親戚のみなさんが温かく迎えてくれた事がとても嬉しかったです。コークの観光の事は先生におまかせという気分で行ったので、コーク周辺の見所はあまり知らずに行きました。もっと事前にガイドブックなどをよく読んでおけばよかったと思いました。
(29歳・女性。2002年6月に1週間)

=その3=

 私は、アイルランドでの最初の1週間を過ごしました。初めてのヨーロッパということで体力的にもつらかったですが、こちらの体調に合わせた時間で授業をしてもらいとても良かったです。レッスンも自分の希望する内容を学ぶことができました。また、午後にはほぼ毎日、先生の車でドライブや街に出かけました。車の中でも家の中でも、先生は常に生徒に話させようとしており、日常会話からいろいろと学ぶことができました。また、会話の中でいろいろと訂正してもらい非常に参考になりました。1週間は、すごく短い期間ですが、すごく集中して勉強できました。
(29歳・女性。2002年4月に1週間)

=その2=

 この学校は先生と完全に1対1で勉強をする形式です。ですので、もし他の留学生の方々との交流を深めたいと思うなら、不向きかもしれません。ただ、先生の家にホームステイをし、家族の一員のように生活しながらきちんとした授業を受けられるので、短期ながら大変充実した時間を過ごすことができます。授業は1日4時間、午前中を中心としたスケジュールですが、生徒の体調や、当日のアクティビティによってはフレキシブルに対応していただけます。アクティビティについては、完全に生徒の希望にあわせてくださいます。また特に具体的な希望が無い場合にも、毎日先生がプランを考えて何処かしらへ連れて行ってくださいます。先生のご主人は大学の先生ですが、同時にアイルランド音楽の演奏家でもあり、CDを出すなど本格的な活動をしていらっしゃいます。そのため、音楽に触れるチャンスは多く、アイルランドの音楽などに興味を持たれている場合にはすばらしい環境です。短期ですので語学力の向上を目に見える形で望むのは難しいかもしれませんが、長期留学の前に、または自分の弱点を確認するような目的であれば本当に良い学校だと思います。料金については高いように思われるかもしれませんが、アクティビティにかかる費用など、全て先生が出してくださるのでほとんど自分でお金を払う必要はありません。そう考えると料金についても全く高いものとは思いませんでした。また個室と生徒専用のバスルームがあり、大変良い環境でした。
(28歳・女性。2001年10月に1週間)

=その1=

 初めは値段を見て、「えっ?!すっごく高い」と思いましたが、以前 YES で Liz に習ったことがあるという友達から Liz のことを聞いていたのと、留学して3ヶ月めなのに英語が上達せず悩んでいた時期だったので、思いきって英語漬けの日々に挑戦しようと思い1週間の申込みをしました。ホントに朝起きてから夜寝るまでの1日約16時間、ずっと Liz は一緒にいてくれました。フォーマルレッスンでは私の苦手なリスニングを中心に私のペースで、納得がいくまで何度も教えてくれます。レッスンの後は買い物に行ったり、一緒に料理をしたり、パブに行ったり。Liz は日本にとても興味があるので日本のことを話したり、折り紙や習字を私が教えたりもしました。Liz は先生としてだけでなく1人の女性としてもとても素晴しい人で、彼女の10代、20代の頃の恋の話もしてくれたり、私の相談ごともいろいろ聞いてくれます。ステイした1週間はこの高額の授業料を払う価値があると思うし、Liz と Liz の家族というステキな人たちに出会えて、お金では買うことのできない"友達"を得たという感じです。
(24歳・女性。2001年7月に1週間)

別ページの体験談を読む -->>

 

40歳女性・2018年5月〜6月

 

21歳男性・2014年9月

 

35歳女性・2012年10月

 

19歳男性・2009年8〜9月

32歳女性・2009年2月

34歳女性・2008年4月

26歳女性・2008年2月

26歳女性・2008年2月

31歳女性・2007年6月

30歳女性・2006年10月

28歳女性・2006年6月

39歳女性・2005年4月

19歳女性・2005年2〜3月

30歳女性・2004年11月

29歳女性・2004年7月

20歳女性・2004年1〜2月

25歳女性・2004年1月

27歳女性・2003年9月

26歳女性・2003年9月

33歳女性・2003年9月

29歳女性・2003年6月

25歳女性・2003年2月

29歳女性・2002年9月

29歳女性・2002年9月

26歳女性・2002年4月

リビングインイングリッシュの学校情報へ


地区・学校名の目次に戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2018 Nichiai Ltd