留学アイルランドドットコム

アイルランド留学--アイルランドで英語を勉強しませんか--語学学校案内--エイティーシーランゲージスクールズ (ブレイ)

ブレイの海辺のプロムナードにあるATCは、抜群の環境を持つダブリン郊外の学校で、先生の質の良さも評判。

エイティーシー・ランゲージ・スクールズ (ブレイ) の留学体験記
ATC Language & Travel

政府認可校 +  アルバイト可能プログラムあり

<留学体験者のコメント>

学校の正面入口
学校前の海とブレイヘッド
教室からも海が見える
典型的な教室

以下は、ATCランゲージスクールズ(ブレイ)へ行かれた方の体験談を新しいものから順に掲載しています。ATCランゲージスクールズ(ブレイ)の学校情報はこちら

=その6=

 ダブリンから比較的近く、自然がある街に住みたいという条件で探していたところ、Brayを見つけ即決しました。Brayには語学学校が2つあるということでご紹介いただきましたが、ATCのほうが規模が大きい、授業時間が長い、週に2日ほど無料のクラスがある、立地が良い等の理由からこちらに通うことにしました。
 学校全般について気付いたことを以下に挙げます。
 ・一クラス10人強程度。閑散期だが思ったより多かった
 ・スペイン、ブラジルからの生徒が多い
 ・授業は会話に重点を置いている
 ・毎日アクティビティを企画してくれる。週末は遠方への日帰りツアーもあり
 ・午後の無料クラスも充実した内容(発音・ビジネス英語・リスニングなど日替わり)
 ・レジデンス、ホームステイともに学校から徒歩圏内
 ・生徒も先生も和気あいあいとしていて、全体的に雰囲気が良い
 私のホームステイ先は学校まで徒歩30分と少し遠かったですが、毎日いい運動になりました。温かいホストに恵まれ、何一つ不自由することなく過ごせました。
 学校の目の前には海が広がり、山も見えて、とても気持ちの良い場所でした。多くの地元の人が犬を連れて海辺や山を歩いていて、自然の中で体を動かすことがごく日常的という雰囲気が心地よかったです。都会の喧騒からは少し離れて、のんびりゆったり過ごしたい方におすすめの街です。 短い語学留学でしたが、アイルランド(Bray)を選んで、そしてニチアイさんにお願いして本当によかったです。いい思い出がたくさんできました。
(27歳・女性。2016年1月に2週間)

=その5=

 私はちょうど夏の繁忙期にこの学校に通っていたことになるのですが、その賑やかさは想像以上でした。正直言ってあまり落ち着いて勉強できる環境とは言えませんでしたが、その裏返しで話し相手には事欠きませんでした。ホストファミリーのネイティブの会話には私は到底ついていけず、ほとんど会話に参加することはできませんでしたが、常に誰かしらホストメイトがいて彼女達と話をすることができました。また、私はアイリッシュミュージックに興味があったので、セッションがある時にあわせてパブに足を運んでいると、やがてミュージシャンや常連のお客さんと顔馴染みになり気軽に声をかけてくれるようになりました。そういった意味では、ブレイは私にとってちょうどいいサイズの街でした。メインストリート1本のこぢんまりした海辺の街です。学校帰りに顔見知りの地元の方とばったり出会って、じゃあ一緒にお茶でも、ということもしばしばでした。でも、ブレイは退屈だといってしょっちゅうダブリンに行っていた生徒がいたのも事実です。
 学校の授業は1日2時限で、それぞれ別の先生から教わります。授業内容は全て各先生の裁量に任されているので、運が悪いと同じようなことを2人の先生から同じ日に教わる、なんてことになってしまいます。わずかですが実際にあり、韓国人の友達と教務担当のスタッフに相談したものの、改善はありませんでした。しかしながら、考えようによっては違う側面から教わることができるのだと思うと、それも貴重な経験なのかもしれません。何はともあれ、私にとってはまず先生の英語を聞き取るのにいっぱいいっぱいでしたから。
 最後に、学校名に“Travel”とうたっているだけあって、そのサポートはとても丁寧なものであったことを付け加えておきます。私は学校主催のエクスカーションには興味がなかったので参加しませんでしたが、イタリア人の友人が企画したコネマラ・ゴールウェイを2泊3日でまわる旅に参加しました。その際、レンタカー手配のアドバイスや、レアな感じの宿を教えてくれたりと、親身にサポートしてくれたとその友人から聞きました。
(32歳・女性。2006年6月〜9月に12週間)

=その4=

  私は2002年の10月中旬から12月中旬の2ヶ月間アイルランドに短期留学しました。 留学の際にニチアイを利用したので、安心して安く行くことが出来ました。
  アイルランドの首都ダブリンはたくさんの語学学校がありましたが、あえて、ダブリンから少し離れたブレイの学校を選びました。離れたといってもバスか電車で、簡単にダブリンに遊びにいけるので、便利な所です。しかし、ブレイは小さな町なので、遊ぶ所はあまりありません。だからこそ語学留学には最適の環境と言えます。 学校はATC Laungage school and Travel に通っていました。ロケーションは最高でした。 海の前に学校があり、隣にはブレイヘッドという小さな山があります。20分位で頂上まで行け、ブレイの町が一望できます。小さな学校で、クラスは4クラスでした。スペイン人が多くクラスでスペイン語が飛び交うことが多かったです。 しかし、日本人はほとんどいませんでした。学校に私を含め、3人しかいませんでした。 これも、英語を学ぶ面では最適な環境でした。少し日本人が恋しくなったら、ダブリンの図書館に週一回、英語とexchangeの時間があるので、そこで友達を作ることも出来ます。
 学校の授業は文法が中心でした。最初は会話をやりたいと思っていたのですが、文法が理解していた方が話せることを、学校で学びました。テキストはみんなで学校の物を使います。後は毎回コピーを渡してくれるので、短期留学でのテキスト代を払って、あまり使わなく損するということはないです。しかし、長期でいるとコピーのプリントの山になります。あまり、長期でいるのにはむかないかもしれません。インターネットは4台パソコンがあり、日本語対応のパソコンは1台だけあります。韓国人が結構占領していますが、予約制なので自分の時間はちゃんと使えます。アイルランドは田舎で、あまり遊ぶ所がない分英語の勉強に適した環境だといえます。充実した2ヶ月間でした。
(22歳・女性。2002年10月〜12月に8週間)

=その3=

 授業内容・・・LISTENING、GRAMMER、READING、SPEAKING ともバランス良く授業構成されていたと思います。ただ Speaking に関しては、 ペアワークが多いので、先生と話をする機会を作るには積極的に質問をしていくと良いと思います。
 先生の質・・・1クラスを2人の先生が担当していました。私のクラスの先生は教えることに慣れた経験豊富な方達だったので教え方にも余裕があり私自身も楽しく、中身の濃い勉強をする事ができたと思います。先生の休暇などで臨時に教えてくれた先生方も質の高かったと思います。
 クラス・・・私が入った頭初は Advance、Intermediate、Elementary の3クラスしかなく、グラマーが比較的できる日本人は Advance クラスに 入ってしまいがちですが、Advance クラスはほとんど Discussion で話す事に慣れていない日本人にとっては辛いクラスです。かと言って次のIntermediate は Advance とのレベル差が結構あるので”もう1クラス間にあったらベターだね”と生徒同士話した事もあります。一ヶ月後には4、5クラスになっていましたが(イタリア人の団体が来ていたため。)Advance、Intermediate、Pre-Intermediate、Elementary といった感じでした。人種は、日本人を含め、アジア系が多かったです。私のクラスには5人程日本人がいましたが、最後の1week位はクラスの人数も14、15人ととても多かったので日本人が多い・・・とはあまり思いませんでした。
 施設・・・パソコン4台、うち日本語対応一台で他のアジアの生徒もこの一台を狙うのでかなり取り合い気味でした。パソコンは予約制です。ちなみにブレイの町にインターネットカフェはないので・・・辛かったです。(1つありますがかなり高額)
 ホストファミリー・・・私がお世話になったお宅はすばらしかったです。学校から徒歩7分。とてもフレンドリーで、食事も健康も気使って作ってくれました。初めての留学でホストファミリーに救われたと言っても過言ではありません。でもこれは当たりはずれがあって、他の学生は学校まで30〜50分はざらでした。
(27歳・女性。2002年4月に4週間)

=その2=

 生徒のほとんどは学校〜家まで徒歩で30分以上でした。私は50分だったので風の強い日など1時間かかったりして、ちょっとつらかったです。ATCは海の前にあり、すごく環境はいいと思います。私のクラスはほとんどアジア人で日本人は私一人でした。中国人は働くのがメインらしくあまり学校にこなかったので、クラス人数は平均5〜6人ぐらい。途中イタリア人の高校生の団体がきて12人以上とかになり、ちょっと多すぎて嫌でした。PCも全部で4台あるんですが日がたつにつれて1台1台使えなくなり(ATCにいる最後の週は1台しか使えなくなりました・・・)
 授業の内容はテキストのコピーを使っての授業でした。1時間目は文法で2時間目はスピーキングでした。イミグレーションオフィスに行く為にスクールレターが必要で学校に依頼をしたのですが、(”明日わたす”といつもいわれて)なかなかもらえず、最後には”日本人はイミグレーションに行ってビザをとるのにスクールレターは必要ない”と言われ、事務員の対応は悪いと思いました。今はエニスにいますが、エニスとブレイを比べると、私はエニスの方が断然好きです。
(25歳・女性。2002年2月〜3月に6週間)

=その1=

 学校は海沿いにありブレイは郊外の住宅地で大変暮しやすい環境でした。スーパー・銀行・映画館・図書館など施設は揃っていて、ダブリンにはバスか電車で出られるので不便はなかったです。学校は非常に小規模で、私がいた時は3クラスしかなくクラス内のレベル差が大きかったです。先生はみな経験のあるとても良い先生方で、大変親切丁寧に教えてくれました。ちょうど3ヶ月でテキスト1冊を終えるペースだったので3ヶ月以上滞在すると内容が重複すると思います。日本人はほとんどおらずスペイン人かイタリア人が多いです。ヨーロッパ人が多いのは大変良い経験になりましたが、スペイン語やイタリア語ばかり飛び交う時もあって、日本人が少ないのが特に良いとは思いませんでした。時々20人単位の団体が1〜2週間入ってきたりします。
 先生方は良かったのですが、学校のスタッフの対応は???です。エクスカーション類は全く無かったし、コンピュータも4台あるうち1台しか使えなかったり、図書室も無く新聞も読めません。銀行や滞在許可についてのヘルプも無く、ホストファミリーに関しての対応も良くなかったです。(私の場合、旅行で留守中のファミリーを紹介されたので大変な思いをしました!)
(27歳・女性。2002年1月〜3月に12週間)


別ページの体験談を読む -->>

 

39歳女性・2016年8月〜2017年2月

 

28歳女性・2002年1月〜3月

ATCランゲージスクールズ(ブレイ)の学校情報へ


料金比較表
学校のウェブサイト(英語)
地区・学校名の目次に戻る

アイルランド留学についてのお問い合わせは:

ニチアイ Nichiai Ltd
87 South Mall, Cork, Ireland.
Tel: +353-21-4270199   Fax: +353-21-4270118
contact@nichiai.net

ニチアイ・ホーム
    2005年1月1日から
    (c) Copyright 1998-2017 Nichiai Ltd